今注目のハイドロキノン化粧品ってどんなもの!?

肌の美白を目的とした化粧品と聞いて、どんな成分が思い浮かびますか?

ビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸などは有名ですが、最近よく聞かれるようになってきたハイドロキノンも忘れてはいけません。ハイドロキノンは、シミを薄くする効果に優れていることで知られていますが、同時にシミの元となるメラニン色素の生成を抑制する効果もあるため、新たなシミの予防にも効果が期待されている成分です。

薬事法の改正に伴って、日本でも市販の化粧品に配合が認められるようになったため、クリームだけでなく化粧水など、より日常的に使いやすいものも登場するようになっています。気になるシミに効果がある化粧品と聞けば、ちょっと使ってみたいと思う人も多いはずですね。

ここでは、ハイドロキノンを配合した化粧品を試す際にお役に立ちそうな、メリットとデメリットをみていきたいと思います。

ハイドロキノン化粧品のメリットとは?

多くのシミ対策成分がある中でも、ハイドロキノンは、還元作用と即効性に優れたものです。すでにできてしまったシミを薄くする還元作用は、早い人では1週間ほどでその効果を実感できることから、別名、“肌の漂白剤”と言われるほか、他の美白成分の100倍強力と評価しているものもあります。

実際に、今までいろいろな美白化粧品を試したのに期待した効果がなかった、という美容通の中にも、このハイドロキノンを配合した化粧品の人気は絶大なようです。市販になったことから、普段のスキンケアに組み込む形で使える手軽さもありますので、ある程度継続してみたい、という人にも便利なアイテムではないでしょうか。同じ美白対策でも美容クリニックのレーザー治療などに比べれば、はるかにお安いので一度試してみる価値はありそうです。

自分の肌に合うかどうか心配という場合、メーカーのサイトを覗いてみるのもいいでしょう。ハイドロキノンを配合した化粧品を販売しているメーカーのサイトでは、お得なトライアルセットなども紹介されていますので、まずはこちらで様子をみてから本格的な使用に入るという方法もいいのではないかと思います。

ハイドロキノン化粧品のデメリットとは?

市販のハイドロキノン化粧品を使う場合には、極端な副作用はないようですが、初めて使う場合にはやはり注意が必要でしょう。ハイドロキノンは肌の還元作用、つまり肌を白く漂白するする作用に優れていることから、人によっては刺激を感じたり、肌に炎症を起こすこともあります。刺激が強いと感じる場合には、配合されているハイドロキノンの濃度が低いものを選ぶなどの対策をしてみるとよいでしょう。

また、一刻も早くシミのない肌を手に入れようと過度な使用をする人もいるようですが、そんなことをすると肌が部分的に白くなる“白斑”を起こすこともあり、かえって肌にダメージを与えてしまいますので注意しましょう。また、ハイドロキノンの使用中は肌がデリケートに傾くようです。普段にも増して日中の紫外線対策ををして、新たな色素沈着などを起こさないようにすることも大切です。

どんなに良い成分が入った化粧品でも、用法・容量を誤っては期待する効果が望めないものです。セルフケアでシミのない美しい肌に近づくためには、毎日続ける根気と努力も忘れずに。
ハイドロキノンは、もともと専門のクリニックで医師が処方していた成分です。効果のあるものをきちんと使えばその特性がプラスとなって、あなたの肌により輝きを与えてくれるはずです。