注目の美白成分「ハイドロキノン」その驚きの効果と副作用

女性の誰もが憧れるシミのない、透き通るような肌。その大敵ともいわれる紫外線は、年々強くなる一方で、肌への深刻なダメージが心配されています。一年を通じて紫外線対策をする事は、今や年齢や性別を問わず求められており、素肌対策の定番ともなりつつあるようです。それでも、できてしまったシミは、どうにか消してしまいたいもの。

皆さんはご自分のシミ対策としてどんなケアをされているのでしょう。最近巷を賑わせている“ハイドロキノン”という成分をご存知でしょうか?

シミを薄くする効果が高く、「肌の漂白剤」ともいわれるこの“ハイドロキノン”は、市販の美白化粧品にも配合される機会が増えてきたことから、注目度の高い美容アイテムとなっています。ここでは、そのハイドロキノンがもたらす効果と、気になる副作用についてご紹介します。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、シミの原因とされるメラニン色素の生成を抑え、さらにはメラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞そのものを減少させる効果を持っています。欧米では、古くからシミの治療薬として有名なだけでなく、ソバカスや30代以降の女性に多く見られる肝斑などを薄くする効果があることでも知られています。
日本でも美容専門のクリニックや皮膚科で、医師の処方薬として実績はあったのですが、2001年に薬事法が改正されたことに伴って、誰でも手軽に入手できるような市販品が出回るようになりました。
さて、このハイドロキノン、「肌の漂白剤」とも例えられる効果とは一体どんなものなのでしょうか?

ハイドロキノンの効果・効能

ハイドロキノンは、イチゴやブルーベリー、コーヒーにも含まれる天然成分です。その働きには、もともと還元作用といって体の酸化を抑える作用があります。美容に関心ある女性なら、「肌の錆」という表現をきいたことがあるでしょう。この肌の錆こそが、酸化のこと。ハイドロキノンは、この肌の錆に対して強力に作用し、紫外線によって黒く変色してシミの原因となる、メラニン色素の生成を抑える力を持っているため、結果的にシミを薄くする効果が期待できるものなのです。

ハイドロキノンはクリームタイプが一般的ですが、最近ではローションなどの新商品も登場し、美白美容の分野に浸透しつつあります。肌の悩みでも上位にランクインするシミに対して、絶大な効果を示すと評判のハイドロキノンですが、もともと医師の処方が必要だったことからもわかるように、その用法や用量には注意が必要なようです。

次は、気になるハイドロキノンの副作用について、みてみることにしましょう。

ハイドロキノンの副作用とは

肌に対して強力な美白作用を持つハイドロキノンですが、それと同時に発がん性を懸念する声があるのも確かです。ただしこれは、高濃度ののものを長期的に使用した場合。一般的な化粧品に含まれる濃度のものを通常使用する分には、特に問題がない範囲といえます。

ただ、美を追求するがあまりより高濃度のハイドロキノンを試したいという方もいることでしょう。しかし、ハイドロキノンは肌への刺激の強い成分なので、その分肌が炎症を起こしてしまうリスクも考えられます。あまり高濃度5%以上のものは使用せず、効果とリスクに見合ったケアを心掛けましょう!

また、市販品に対しても、少しでも肌に刺激を感じたり、“白斑”と呼ばれるような、部分的に肌が白く抜けたような状態が見られた時には使用を中止し、必要に応じて皮膚科専門医の診断を受けられることをおすすめします。さらにハイドロキノンを使用して紫外線を浴びると、かえってシミが濃くなる場合があるため、夜のみに使用するか、日中の場合は必ず日焼け止めを併用することなどの注意も必要なようです。
女性の肌は年齢や体調によってもデリケートになりがちです。念入りにパッチテストを行うなど、副作用を未然に防ぎ、安全なケアを心掛けましょう!